学生シレンの日常記録シリーズ

これは、僕の日常を記録した日記です。いろいろふざけてますけどねwwwww一応ユーモアを提供することが目的なので、ここに書いてあることを真に受けないでくださいwww

ようこそ!我がブログへ!

学生シレンの日常記録~絶望と希望の日々【1月31日】~

ども!インフルエンザにかかった学生シレンで~す!

21:21

ゲーム

イワナクリアしたいなぁ。

日常

咳だけは出続けるなぁ……
なんで咳が止まらないのでしょうか。
私が喘息だからでしょうか。それとも、
ウイルスによって喉が破壊されたからでしょうか。
私にはわかりません。ただ、今はとても大丈夫だとは
言えない状況です。いったい、私が何をしたというのでしょう?
そりゃ、家に帰った後に手洗いうがいをしませんでしたよ。
だって、まさかそれが原因でインフルエンザにかかるなんて思ってませんでしたから。
ホントですよ?別に、インフルエンザにかかるのを期待して、
わざとしなかったのではありません。ついでに、日曜日からすでに体調が悪かったのに、
うまく月曜日までごまかしてから病院に行き、5日間強制出席停止を金曜日まで狙って入れたなんて
わざとした訳がありません。偶然です。ついでに、インフルエンザにかかったのも偶然です。
こんなことが狙ってできたら、どんなに素晴らしいことでしょう。休みを無駄なくフルに使うこと
ができるんです。授業は遅れますけどね。その代償が膨大な時間です。
大半の人が、この時間の使い道を、勉強のために使え、と言うでしょう。
でも考えて欲しいのです。インフルエンザにかかって思考力が低下しているのに、
勉強なんてやっても頭に入るわけがありません。ゲームだってそうです。
思考力が低下しているため、満足に楽しむことができないのです。
じゃあ何をするのか。その答えは簡単です。
寝ればいいのです。寝てさっさと病気を直してしまえばいいのです。
そして、病気が治った時に、人々は言うでしょう。勉強しろと。でも、私は勉強をしませんでした。
なぜなら、何をどこまでどう勉強すればいいのかを全く知らなかったからです。
学校では、そんなことを知らなくても、授業で勝手に進んでいくので、いちいち気にする必要がないのです。
でも、自宅で勉強するとなると、そうは行きません。なぜなら、先生が自分になってしまうからです。
それは、どういうことかというと、わからないところがあっても聞く相手が自分しかいないので、
場合によっては、お手上げ状態になることがあるからです。もしかしたら、そもそもどこまで授業の範囲なのかわかりません。
授業の範囲に達してないほどちょっとしかやってないこともあれば、2,3時間ほど進んだ内容をやっている可能性も
あります。それなや、予習になるからいいと考える人もいるかもしれません。ですが、そんな予習は8割9割ぐらい無駄です。
ほぼ確実に忘れてしまいますからね。さて、なんで私はこんな長文を書いているのだ?

事件

特に無いね。まあ、あってほしくもないのだが。

その他

もう寝るわ。じゃあな!
最終更新